ピックアップ自治体 茨城県

茨城県 茨城県

天下の名園や焼き物の里などを有する景勝多彩なまち。

徳川家の歴史を、コーヒーで辿る。

茨城県

茨城県は徳川家ゆかりの土地であり、日本三名園の一つである偕楽園や弘道館などが歴史を今に伝えています。茨城県から珈琲文化を発信するサザコーヒーは、徳川家に生まれた最後の将軍・徳川慶喜公が愛したコーヒーを現代風に再現。「徳川将軍珈琲」は、江戸幕末に好まれた、フランス風の深煎りです。

サザコーヒー

茨城県ひたちなか市で開業。コロンビアに自社の珈琲豆農園を持ち「本物」を追求。世界で信頼を築きあげた契約農園で作られたこだわりのコーヒー豆を主に使用し、質の高い生豆の調達と独自の焙煎方法にこだわってコーヒーを提供しています。

茨城県を代表する特産地・観光地

栗

栗の生産量日本一を誇る茨城県。その中でも笠間市は栽培面積が広く、栗の自然な甘みを生かした和洋菓子も豊富です。同じく笠間市を中心に製作される笠間焼のおしゃれな器に盛り付けてみませんか。

笠間焼

笠間焼

江戸時代中期の安永年間(1770年代)から作り始められたという笠間焼。比較的新しい陶芸家が集まって自由な発想で生み出された個性的な作品が多いため、今や笠間は陶芸界の最先端を行く窯業の地となっています。

弘道館

弘道館

茨城県には「日本遺産」として近世日本の教育遺産群があります。弘道館は水戸藩の藩校で日本最大規模でした。文武の教育の他、馬術、天文、音楽等様々な科目が学ばれ、医学館では種痘の実施や領内への普及も担いました。

偕楽園

偕楽園

弘道館と一対の教育施設として造られた庭園で、広大な敷地を巡り詩作等に親しみ、勉強、修業での緊張をほぐしました。多くの梅が鑑賞のみならず、軍事食料(梅干)の原料として植えられ、現在は梅の名所として知られます。

過去の「ピックアップ自治体」

ページトップへ